育児体験の大切さ

核家族化や一人っ子の増加に伴い、地域や家庭で子供と接する機会が
全国的に少なくなっている中、中高生らが乳幼児と触れ合う
「育児体験」が広がっているそうです。

とてもうれしいことです。
親になる心構えとは、どのようなものか考えることで、
家族の絆を大切にして欲しいという願いを込めた取り組みだそうです。

次世代を担う子供を育てる事は、個々人の問題ではなく
社会全体の責任でもあり、皆がより幸せになる道筋です。

行政、NPO法人、民間企業、組織の色々な問題もありますが、
少子化、経済低迷の今こそ、皆が共通の願いに向かって、
組織体に関わらず、個々人の幸せ、将来の日本のために
協力する時期ではないでしょうか。

内閣府は少子化対策の抜本的な強化に向け、有識者の検討チーム
「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」を設置するそうです。

皆が心から望んでいる事は、それ程複雑ではありません。
本質を絶えず見つめていれば、必要な対策は、
個々人のこころの中に既にあるのではないでしょうか。

今、最も支援を必要としている、子育て、育児、
仕事と家庭の両立に取り組んでおられる母子家庭、父子家庭世帯を
行政の支援とは異なる形で当社は応援したいと思います。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ