ワークシェアリング

あまり日本では聞きなれない言葉ですが、
欧米では機能しています。

週5日の正社員の仕事を、2人以上で分担し
例えば一人は3日勤務、一人は2日勤務とし
一人の正社員を雇用したのと同じ成果を見出す制度です。

業界、職種によって、このような制度はとても
採用できないと、皆思いがちですが
機能する方法を考えて見ることが、第一歩であり、
視点を変え、そこから現状の問題解決に
つながるのではないでしょうか。

専門職では、とても無理、
自社の制度ではあり得ないなど、
このような既成概念を打破する
解決策をご提案致します。

日本では考えられないような事例が、
海外では沢山あります。
若い世代はこのような働き方にとても敏感で
このような感覚に共感しています。
優秀な人はどんどん海外に流出しています。

離職率の高さ、労働力人口の逓減、競合他社の人材戦略
様々な問題がありますが、
今現在ではなく、5年後、10年後を見据えた人材採用戦略が
企業の存続にとり不可欠ではないかと思います。

将来的にワークシェアリングが広まる事が
ワークライフバランスにもつながり、
皆がより幸せになると、信じております。
当社では、多様な雇用方法を色々ご紹介いたします。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ