長期的視点

住宅や就職を選ぶという人生において重要な選択をする際に
大切なことは、いかに目先の事にとらわれずに
客観的に自分のおかれた状況を把握し
長期的視点に立てるかではないでしょうか。

確かに、言うは易し行うは難しです。
住居、就職、離婚、子供の問題を全て同時に
一人で解決しなければならない時はなおさらだと思います。

しかし一つ一つの選択はどのような場面でも
いつでも自分自身にあります。
その時に目先の利益を追求することは
一時的な安堵感が得られ、
ホットした選択をしたつもりになります。
経済的な利益も一時的に得たような気がすると思います。

そのような時にこそ、長期的な視野に立って
自分自身の選択を客観視できれば
どんなにかより良い選択ができるでしょうか。

当社の求職者へ日々アドバイスしていることは、
一度選択してしまったら、キャリアチェンジするのはとても難しく
長期的視点を持つことが、
後から後悔しないためにとても大切であるという事です。

長期的視点を持つということは
企業経営でも同様です。

短期的な利益を追求するか、長期的な視野を持って選択するか
企業の長期的経営に影響することが多々あります。

大概は長期的に見れば良かったことが沢山あるのに
それをその時に選択できない、わずかな状況が阻害しています。
本当に大切な事を見失う事もあります。

選択が難しい時こそ、第三者の客観的なアドバイスを得るために
当社をぜひご利用ください。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ