仕事と家庭の調和 ハーモニー

内閣府の最近の世論調査で、
仕事と生活の調和(ワークライフバランス)
に関する結果では、

「ワークライフバランス」という言葉について
「名前も内容も知らない」との回答が60.1%、
「名前は聞いたことがあるが内容までは知らない」が26.6%に上った。
「名前も内容も知っている」はわずか1割だったそうです。

仕事と出産の二者択一を迫られ、
どちらかを諦めざるを得ない社会は
健全な社会といえるのでしょうか? 

このような社会で育つ子供たちは
明るい将来を夢見ることができるのでしょうか?

ワークライフバランスに取り組んでいる企業は主に大企業中心で、
中小企業には、ほとんど浸透していません。
また世代間の意識の差もあり、若い世代ほど
仕事と家庭のバランスを大事にする傾向があります。

若い世代の意識の変化に、
社会や企業が今後どのような速さで対応していくのか、
日本の将来性に重大な影響を与える事と思います。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ