子どもの視点

子どもと会話をしていると
物事を見ている視点が違うことを
日々実感します。

そういう意味で
日々新鮮な感覚を体験でき
幸せに感じます。

例えば、先日は
「ママー、地球にやさしいのは分かるけど、
これって火星にもやさしいの?」

「ニュースの理由を“わけ”っていつも
新聞に書いてあるよ。でも学校では“りゆう”って
習ったよ。“わけ”が正しいなら、なんで“りゆう”
って教えているの?」

大人の視点からは、普段全く
考えもしなかった事を聞かれ
おもしろいなと思います。

子どもは頭ではなく
こころの視点を持っています。

子どものようなこころの視点で
世の中を見ると、これまでとは
全く違う世界が見えてきます。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ