スクールソーシャルワーカー

今年度から文科省は
全国300地域に
スクールソーシャルワーカーを
配置するそうです。

日本ではまだ聞きなれない
職業だと思います。

学校での様々な問題を
子どもの立場に立ち
問題の解決に取り組む仕事です。

社会福祉の手法を使い
子どもを取り囲む環境を
改善することで
問題解決につなげるとのこと。

保護者、教師、地域社会
の全てに働きかけ解決を図る。

ソーシャルワーカーの仕事は
今後益々重要になってくると
思います。

日本の将来を担う子どもたちが
どのように育つか。

そして日本がどのような国に
なっていくのか。

皆、同じ思いだと思います。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ