協力関係を築くことで人類は繁栄した

昨日の日経新聞で総合研究大学院
大学教授の長谷川眞理子さんの
記事が興味深かったです。

それによると、
「チンパンジーと人類の遺伝子の
違いはわずか数%

決定的な違いは協力関係が
築けるかどうか

チンパンジーは二者関係まで
しか理解できず
一致団結して何かをすると
いうことがない。

人類は三者関係が理解できるので
共通の目的のため複数の者が
協力して様々なことを成し遂げた。

人類は大昔から共同で子育てを
してきた。」

確かに、現代は子育てが母親または
父親の誰かひとりに対しての
負担が重すぎると思います。

私たちみんなの将来を担う
大切な子どもたちを
愛情一杯で育てること

みんなで協力しながら
子育てができる社会の実現に
何かできればと思っています。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ