介護、看護業界の人材不足

介護、看護業界の人材不足は今後もより深刻な
社会問題となってくると思います。

そうした状況の中で政府では外国人の
受け入れを増やす方向で検討しています。

賛否両論。検討課題もたくさんあります。

ところで、母子世帯の有する資格の中で、
「役にたっている」との
答えがあった資格の上位は、

1)介護福祉士 94.7%
2)看護士   90.2%
3)保育士   76.5%

(厚生労働省:全国母子世帯等調査結果より)

厚労省の推計では今年、看護士が
3万7千人足りないそうです。

介護職員は2004年からの10年で新たに
40万人から60万人必要だそうです。

介護、看護業界で今後、従業員の勤務形態や
処遇の改善を図りつつ、ひとり親世帯を
優遇し積極的に母子家庭、父子家庭世帯を雇用する。

これも一つの解決策になるのでは
ないでしょうか?

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ