横浜市民プラザにて講演を行いました


ご報告が遅れてしまいましたが、今月16日に、横浜市民プラザ第 52 回定期講座
「ダイバーシティ(多様性)とグローバル」
にて講演を行わせていただきました。横浜国立大学の経済学部を卒業しましたので、そのご縁で、今でもこのような素晴らしい機会を、横浜でもいただいております。

今回は、「女性活躍推進の速度と経済発展」という第で、プレゼンを行いました。女性活躍を推進している国や企業は、それぞれ一人当たりGDP・時間当たりGDP、財政パフォーマンスが良い、という点を、様々なデータを用いてご説明させていただきました。

それから、現在、女性が活躍する国では、合計特殊出生率も高いということ。これは本当に興味深いのですが、私が子供だった頃は、女性の労働力率が高い国ほど合計特殊出生率が低かったのですが、2000年の同じ調査では、全く逆の結果になったのです。つまり、働く女性の割合が多い国ほど、合計特殊出生率が高い。

「子供が少ないのは女性が社会進出しているから」

というのは、常識のように言われていますが、2000年代に入った今では、それはただの神話。女性が働いて、子供を十分養えるほど資金力がある家庭が、より多くの子供をつくります。
横浜市民プラザへの講演には、何百人もの方にご来場いただきまして、私の「女性ロールモデルを増やして日本を変えたい」という思いをシェアでき、大変光栄でした。それに、私の大学時代の恩師にもご足労いただき、大変感慨深かったです。

このような機会をいただけたのも、横浜で私の活動を応援してくれている方々がいるからこそ。特に、横浜市民プラザ事務局の方には大変お世話になりました。皆様、どうもありがとうございました。

日月(福井) 真紀子
——
講演のご依頼はこちらにお願いします:
http://www.harmonyresidence.co.jp/kouenn/

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:最新の活動実績|

▲pagetop

このページの先頭へ