キャリア女性の産休、育休後のキャリア選択

キャリアは家庭と天秤にかけるもの?

30代、40代のキャリア女性が産休、育休を取得し、その後もキャリアを継続するかどうか、どのようにキャリア・パスを築いて行けばよいのか、悩んでいるキャリア女性がとても多いようです。母親になったとたん、これまで夫と家事を分担していたとしても、育児の負担が一気にのしかかり、仕事と育児の両立のために、もっと時間に余裕がある職場に転職を考える事もあると思います。これまで築き上げたキャリアを活かしていきたいのなら、どんなことをしても、決してキャリアを諦めず、キャリアを継続するためにはどうすればよいか考えましょう。一旦退職をして、100%家庭に入り、復職する機会を得ようと思っても、思うように復職が出来ないこともあり、キャリアダウンは免れません。一旦キャリアダウンすると、非常に優秀な方でない限り、ステップアップすることが難しくなってしまいます。キャリアを継続することは非常に厳しいことですが、ぜひ、その厳しい中でも決して諦めないでキャリアを大事にしてほしいと思います。

時短労働や在宅勤務を導入している企業も増え、制度としては、キャリアの継続は決して不可能ではありません。個人的にベビーシッターを利用するなどして乗り切ることが重要です。子育ての本当に大変な時期は数年で、子供はいずれ親元を離れていく存在です。子育て時期に家庭に入ることも一つの選択ですが、仕事が自分にとって重要な位置づけであるならば、ぜひキャリアを継続していただきたいと思います。

子育経験はキャリアにとってプラスになるもの

子育ては体力と忍耐が必要ですが、その子育て経験が仕事にもとても良い影響を与えます。いろいろな制約がある中で仕事と家庭との両立を図ることは、人間的な成長もあるでしょうし、何よりも仕事の効率化を考えるようになります。時短勤務、在宅勤務の導入で、キャリアを継続しやすい環境になりつつありますが、いかに仕事を効率よくこなし、成果を出すかということが重要なポイントになってきます。

日本社会は、長時間労働の見直しで、時間で評価されるのではなく、仕事の成果で評価される時代になります。子育てしているから在宅勤務を選択するということではなく、男性も女性も関係なく、成果さえ出すことが出来れば、どこで仕事をしていても評価してもらえるという社会になりつつあるということです。成果主義の導入は、家庭との両立をめざしているキャリア女性にとって、キャリアを継続しやすい制度ではないでしょうか。
キャリアと家庭を天秤にかけなければならない社会ではなく、キャリアも家庭も両立できる社会が健全な社会であり、当たり前の社会だと思います。

渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ 未分類|

▲pagetop

このページの先頭へ