イクメン、イクボスの効用~意識変革の壁

本日の日本経済新聞のコラム『大機小機』で、女性の就労促進を阻む「壁」について掲載されていました。そして、「見逃せないのは、壁の背後には男性の意識の壁があることである。女性の活躍を後押しするためには、男性の長時間労働や休暇を取りづらい環境を是正して、イクメンを増やす必要がある。女性の就労促進と男性の育児参加はセットである。イクメンを増やすためには、企業のボスたち(経営者・管理者層)の意識改革が必要である。すなわちイクボスだ。~(中略)~女性の就労促進に向けて、制度の改革だけでなく、企業も自己変革を求められている。」

制度の改革には困難が伴いますが、最も難しいのは、企業やそこで働く従業員の意識の変革だと言われます。しかし、女性の就労促進を阻む「ガラスの天井」が破られる日は、もうすぐそこまで来ています。ベルリンの壁もある日突然崩壊しました。女性リーダーが活躍しないと、もはやグローバル競争に勝ち残れない。日本企業は、そのような危機的状況にあるのです。優秀な女性は、自らが活躍できる企業へと、どんどん流出しています。ベルリンの壁同様、崩壊してから対応策を検討するのでは、間に合いません。そうは言っても、

1、即戦力となる、女性管理職候補者が社内に不在である。

2、育成するには、時間がかかりすぎる。

など企業様のお悩みをたくさん聞きます。

当社では、1、女性管理職の人財紹介、2、女性人財育成に悩む企業へ「素敵女子リーダーの会」という実践の場を提供、3、女性人財に関する総合コンサルティングを行っております。実際の女性登用や制度運用に関する情報・事例を知りたい、関心があるという企業様は、お気軽にご相談下さい。

ご質問、お問い合わせは、03-6768-1102 または 03-6768-2102 info@harmonyresidence.co.jpまでお願い致します。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ 未分類|

▲pagetop

このページの先頭へ